読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤本の日記

関西に住む男子大学生が書くブログです。

「ぼくらの仮説が世界をつくる:佐渡島庸平」

ぼくらの仮説が世界をつくる 作者: 佐渡島庸平 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2015/12/11 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 結局、いわゆる「優秀な」人というのは、言葉の言い回しや表面上の理論が多少は異なれど、思考回…

2020年東京五輪、「最強の侍ジャパン」を結成するにはどうしたらいいか?

「075」 この数字、なにか分かる? アイドルとも話せる新世代トークアプリ(755)でも、ある時とない時で全然違うやつ(551)でもない。ちなみにだけど「755」の名前の由来は、開発に参加した堀江貴文さんの、刑務所時代の囚人番号だそうだ。どっかで使える…

「さよならインターネット」

さよならインターネット まもなく消えるその「輪郭」について (中公新書ラクレ) 作者: 家入一真 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2016/08/19 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 著者の「家入一真」さん、僕がその存在を知ったのはここ1~…

「未来に先回りする思考法」を身につけた。

こんにちは、「未来に先回りする思考法」を身につけてしまった男です。 出落ちです。本のレビューです。 未来に先回りする思考法 作者: 佐藤航陽 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2015/08/27 メディア: Kindle版 この商品を含む…

プロ野球、延長戦は無くてええんちゃう?

一応言っておくが、タイトルはダジャレである。8分かかった、ひねり出すのに。 今回、結論から先にいうと 「プロ野球 延長戦を 廃止せよ」 というのが僕の主張したい内容である。俳句風であることに、特に意味はない。 今のプロ野球は、もう既に仕事終えたお…

ベッキーと乙武さんと、時々、はじめしゃちょー

日本を代表するYouTuberが窮地に立たされている。 そう、「はじめしゃちょー」である。 細かい経緯などを説明する気はないので、そちらに興味がある方は適当にググってもらえればいいと思う。山ほどまとめ記事などが見つかるであろう。結論だけ言うと、はじ…

2017年WBCの決勝リーグ、日本にいる中継ぎ投手はオープン戦サボってでも応援した方がいい。

WBC、たまらなく面白いじゃないか!始まるまでは、メジャーリーガーは青木だけだは、我らが希望の星だった「大谷翔平」まで辞退するはで、正直マイナス要素しか見当たらなかった。ただ、いざ蓋を開けてみると、日本代表史上初の全勝での決勝リーグ進出という…

小池都知事に、豊洲での失策を挽回する新政策を提言する。

豊洲問題の泥沼化が激しい。この問題の結末がどのように迎えられるのか、僕には皆目見当がつかない。そして小池さんも、恐らくわかっていない。僕のTwitterのタイムラインでは上では、彼女の自作自演の炎上劇を非難する声が高まっている。 もう泥沼でどーに…

現実の総理が終わるかは分からないけど、本の「総理」は読み終わったわ

現在、世間を賑わせております「森友学園」問題。ニュースなどによると、どうやら安倍総理もこの件に関して大きく絡んでいるようですね。 なぜ、国有地は「ただ同然」になったのか 首相夫人が名誉校長の神道小学校、疑惑の経緯は 「マスコミが報じない」は本…

母に「Google Maps」を使うよう言ったら、とんでもない返事が返ってきた。

それは、とある用事があり、母と車で少し遠出した時のことでした。普段、母は車に付属しているカーナビを使用するのですが、その日赴いた土地は最開発が進んでおり、僕たちの古いカーナビ上にはない道がたくさんありました。母が「運転しにくいなあ」と言う…

「松本人志のドキュメンタル」を観て、やっぱりガキ使が最強だなと思った話。

先日、アマゾンプライムビデオで放送されている「松本人志のドキュメンタル」という番組を観ました。最近はそんなに見かけなくなりましたが、少し前はCMでバカみたいに宣伝されたので、知ってる人も多いと思います(この先多少ネタバレする可能性あります)…

富と名声を得るには、武藤遊戯になる必要があると思う。

皆さん、「遊戯王」というカードゲームを知っていますか? ルールは、色々なカードを使って相手のライフポイントをゼロにするというゲームなのですが、僕が小学校高学年の時にめちゃくちゃ流行ってました。 今でもかなり流行ってるようですが、結構カードの…