藤本の日記(@Kentaro_Fujimo)

大学生の男です

「宝くじ」と「ご飯おかわり無料」は、同じだと思う。

 

こんにちは、藤本けんたろうです。

 

僕、Twitterに5回くらい投稿しようと思って、5回くらい投稿するのを断念した言葉があるんです。それが、

 

「"ご飯おかわり無料"に反応しなくなったら、社会人として一人前」

 

というものです。多分、3いいねくらいはもらえてたと思います。

 

中高を野球部として過ごした僕は、当時「ご飯おかわり無料」という看板に取り憑かれたかのように、そういった定食屋さんばかりに行っていました。

 

とにかく当時の僕にとっての、食事におけるモットーは、常に「安く多く」だったのです。

 

大学生になった僕

 

それから月日は流れ、僕も大学生(今は休学中ですが)として、21歳の年を過ごしています。

 

高校生の時よりかは、随分とお金にも余裕ができました。というか、そもそもそんなに食べる必要性がなくなりました。

 

ただ、それでも僕は時々とてつもない魅力を感じてしまうんです、「ご飯おかわり無料」というワードに。。

 

宝くじの話

 

話は変わりますが、皆さん、宝くじは買ったことありますか?

 

僕はやったことないので詳しくは知りませんが、僕の誇る最強のTwitterタイムラインでは、宝くじは別名「愚者の税金」との愛称で親しまれているようです。

 

どうやら、宝くじは当たる当たらないの以前に、胴元(?)にかなりのお金を抜かれているらしく、どうソロバンを弾いたって、確率的にはかなり確実に損するらしいです。

 

でも宝くじ、皆さん買いますよね?このブログを読んでるような人の中にはいないと思いますが、世間的には大人気ですよね。特に年末とか、すんごい行列ができてます。

 

で、リテラシーが一定水準以上ある人たちからしてみれば、あの年末の風物詩が全く理解できないわけです。

 

ただ、物事の背景には必ず「理由」があるわけで。

 

僕なりに考えた仮説は、

 

「年末ジャンボの行列に並ぶ人は、'"宝くじ"ではなく"夢を見る時間"を買っている」

 

というものです。

 

購入した僕の知り合いとかの話を聞いていると、なんだかすごい楽しそうなんですよね。「3億円当たったら、おれは堅実やからまず1億貯金するわ!」とか。

 

「当たったらどうしよう」みたいな期待、何をしようかという妄想の時間にこそ、彼ら彼女はお金を払っているんじゃないかというのが、僕なりの仮説です。

 

極論を言うと、実際に当たるかどうかは、どうでもいいってことです。

 

タバコとかもそうですが、宝くじもよく、所得との相関うんぬんの話が出ますよね。

 

もちろんそういう、理性やら論理的思考力やらと所得を結びつけるのもアリだと思うんですが、僕的には、所得が低くくて(大金持ちになるという)現実が遠いからこそ、せめて夢だけでも見させてくれ!というあがきなんじゃないかとも思っています。

 

f:id:FuJiMoTo:20180204201235p:plain

 

ご飯おかわり無料の話

 

で、「ご飯おかわり無料」の話に戻ります。

 

僕、ふと考えたんですよね、「どうして大学生にもなってまで、ご飯おかわり無料に魅力を感じるのか?」って。

 

実際、それでおかわり無料だからって、高校時代より胃袋も小さくなってしまって、結局2杯くらいしか食べられません。

 

にも関わらず、どうして僕は「ご飯おかわり無料」のお店に行き続けるのか?

 

そんなとき、僕はふと気づきました。

 

「あっ、これは宝くじと同じだ」

 

っていうことに。

 

つまり、僕が「ご飯おかわり無料」のお店に感じていた魅力は、物理的なたくさんの「白米」ではありませんでした。僕は、「(理論上は)無限にご飯を食べられる」という「想像」に、ワクワクしていたんです。「ああ、僕はどれだけ白米をおかわりしても怒られない」と。

 

皆さん、腹ペコの自分が完食を気にせず、満腹になるまで好きなだけご飯を食べられる姿を想像したら、すごく幸せになりませんか?僕はなります。

 

僕は、この「幸せな未来」を想像できるがゆえに、「ご飯おかわり無料」のお店に入り続けていたんです。

 

我ながら、すごいインサイトを一つ見抜いてしまったのではないかと思っているんですが、これ自分が提供する側としてはどうなんですかね。結局、実質的な価値はお客に提供できてないわけですから?

 

まあ、「幸せな妄想の時間」というのも、立派な価値ですかね。

 

最近のヒットツイート↓